FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆるキャン△ 第7話~第9話 聖地巡礼

ゆるキャン△
あfろ

芳文社 まんがタイムきららフォワード連載
既刊2巻



芳文社公式ニコニコ内公式(へやキャン△)

前回の続き。
今回も画像は原作、Googleストリートビュー、公式から。

霧ケ峰から先、高ボッチ高原(塩尻市)と諏訪市が舞台になる。
第7話「温泉とボッチと山ごはん」(行き)
第8話「それぞれのキャンプ、二人の景色」(夜景)
第9話「お土産と放課後の焼き肉論」(後日談)
全て単行本2巻収録。

高ボッチ高原
特に管理されていないキャンプ場なので注意

片倉館
国の重要文化財。一見の価値あり
千人風呂も一浴の価値あり。650円。

高島城
再建天守。公園を含めて文化財としての価値はないが撮影ポイントとしての価値は高い。原作の角度は皆が撮影する角度。

高ボッチ1あと40km あと40km霧ヶ峰3

最初のあと40kmがいきなりわからない。霧ケ峰から高ボッチまでが40kmで、ルートは2種類しか選択肢が無い。
県道194号で八島へ、そこから142号、国道20号と移動するか、それとも県道40号で諏訪市の市街地へ降りて(途中一部市道を通る。県道の方が脇道になる区間があって、そのまま県道を進むと別作品の聖地があったりする)、国道20号を進むか。
八島経由の方が風光明媚なんだけど、見た感じは後者っぽい。霧の駅の交差点から194号へ入って少し進んだところから振り返るとこの画になる。

高ボッチ2入口 高ボッチ入口高ボッチ1

国道20号に出たら下諏訪町、岡谷市と経由して塩尻市へ。
塩尻峠を越えて下りに入ってしばらく進むと、右手に高ボッチ入口が。20号からはこの看板は見えない。目印になるのは健全育成の看板とワイン樽の看板。この道は速度が出やすいところでもあるので、通り過ぎてしまうのはありがちなこと。

高ボッチ3あと1km あと1km

入り口からがまた長い。道幅が狭く周りに何もないところなので寂しくなる。

高ボッチ4到着 鉄塔のある風景高ボッチ2

ここは最初のトイレがある駐車場からまだだいぶ先。牧場を過ぎて少し走ったくらいか。
何もないと言っている場所はバイクで走っていた道ではなく、牧場と鉄塔の間の遊歩道からの眺めだと思う。

高ボッチ6鉱泉6km 温泉へ高ボッチ3

自然保護センターからさらに先へ進むとこの交差点がある。ご覧の通り高ボッチ鉱泉は偽名。
崖ノ湯温泉は松本市と塩尻市にまたがって広がる温泉地。

高ボッチ7鉱泉 高ボッチ鉱泉高ボッチ4

平成10年に閉館したホテル鳴神。ここだけが高ボッチ温泉を名乗っていた。
調べればすぐにわかると思うけれど、だいぶ怪しい(失礼)宿なんだよね。よくここへ一人で行こうと考えたものだ。

高ボッチ8-13
高ボッチ5 高ボッチ6
高ボッチ7 高ボッチ8

戻ってきての散策は牧場~鉄塔~自然保護センター~山頂コース周辺に集約されている。
テントを設営した場所もこの間にあるファミリー広場かふれあい広場か展望広場か、そのあたりになると思う。

夜の山登り 夜景高ボッチ夜景

人気のない夜の山道というシチュエーションがすでに恐ろしいけれど、高ボッチからの諏訪湖の夜景というのは正に絶景なので、行くのであれば是非見てほしい。

片倉館 片倉館内片倉館

ここは諏訪市の片倉館、千人風呂。上諏訪温泉で日帰り入浴だったらここがベストだろう。アニメだとエンディングで。

諏訪市内 高島城内 高島城外 高島城

9話思い出の場面に出てくる城は諏訪市の高島城。コンクリート製の再建天守なので趣は今一つ。これもアニメではエンディング。

生チョコまんじゅう1

お土産の生チョコまんじゅう。生チョコまんじゅうという名前のお菓子は諏訪だと胡蝶庵しか思い浮かばない。これで良いのか?

一応これで6話から9話までの諏訪地方の旅は完成すると思う。
この情報だけでも周れることは周れると思うが、雑なまとめ方なのであくまでも参考程度にして、実際に行く場合はきちんと調べるように。
しかし距離は長いわ高低差はあるわ、よく免許取り立てであのバイクでこなしたものだ。

今回はゆるキャンに絞ったけれど、諏訪地方は案外聖地がある。
有名どころだと東方と咲があって、厳密には聖地というわけではないけれど、もののけ姫関係でも色々とある。
先に上げたヤマノススメと、他には極黒のブリュンヒルデ、BLOOD-C、冴えない彼女の育てかた辺り。
東方は諏訪大社関係、咲は広範囲に渡り、もののけ姫は場所の絞り込みが難しく、ヤマノススメはハイキングコース全域が聖地。
対してブリュンヒルデ、血C、冴えカノはポイントが少なく、他と組み合わせるのが難しくない。
あとは、はつきあい、かみわたし、某声優のバーチャルデートとか。

ゆるキャンは聖地巡礼ものとしては有望株だと思うけれど、他もなかなか面白いので興味があれば調べてみると良いだろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

ブログ内検索
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
最新記事
楽天
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。