FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥沢一丁目でLEDを増設する

MSIのマザーボード、A88XM-E45 V2には通電確認用のランプが無い。
しかも電源ユニットのスイッチをオンにして通電しただけではパーツに電流は流れず、USBに取り付けたLEDが点灯することも無い。
通電確認用としては役に立たない。ただの飾りだ。
でもせっかくパーツがあるのだからと、やりたくなってやってしまった。

何をしたかというと、マザーボードのUSBピンに直接LEDを取り付けて、電源スイッチオンで光るようにしたという話。

使った部品はこれ、世田谷電器 USB9pinポート変換 奥沢一丁目 AR-UPIPO-A

奥沢一丁目01

これに、星光産業 USBイルミカバー ブルー EL-168を組み合わせる。

USBイルミカバー

2ポートあるので、一つはLED、もう一つはセリアのキャップカバーを使って埋めておく。

奥沢一丁目02

合体。

奥沢一丁目03

これをマザーボードのUSB9ピンに取り付け。

奥沢一丁目04

この段階で電源ユニットのスイッチをオンにしてもマザーボードから各パーツに電流が流れないため点灯しない。
そこでケースの電源スイッチをオン。

奥沢一丁目05

点灯を確認。ケースの電源スイッチのLEDとほぼ同じ色。
アクリル窓から中のライトが見えてちょっと綺麗っていう自己満足。後悔するほどお金もかからないし、彩りとしては悪くないし、良かったんじゃないかな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

ブログ内検索
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
最新記事
楽天
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。