FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ズイダムについて

ズイダム/Zuidam

1975年創業の比較的新しい蒸溜所
ジュネヴァ以外にもドライジンやウイスキー、ラム酒、リキュールを作っている
日本国内で安価に幅広い銘柄の製品を購入できる数少ないメーカー

使っている原料は大麦麦芽、ライ麦、トウモロコシを3分の1ずつ
ヤングとオードは3回蒸留後、ハーブ類を加えてもう一度蒸留

ヤングは樽詰めをしていない。茶色っぽいリボン

以前紹介したオードは生産終了品。樽詰めをしている。年数表記の無いノンエイジもの。緑色のリボン

現在販売しているオードは樽詰め後の年数表記有り。以前は2年もあったけれど、今は1年、3年、5年。赤いリボン

コーレヴァインは4回蒸留。その後ハーブ類の蒸留物と混ぜて樽詰め。青いリボン

ロッジ(ロッヘ)はライ麦のみで作っている変化球。半分が麦芽、半分は麦芽になっていないもの。3回蒸留後、樽詰めして最低5年間の熟成。熟成後にハーブ類を添加して、度数調整後、瓶詰。ほぼライウイスキー。金色のリボン

オード、ロッジ、コーレヴァインにはシングルバレルやスモールバッチのものがある
製造時期によっていろいろあるようで、非常に分かりにくい

手元にオードのノンエイジと5年、コーレヴァインの5年があるので、飲み比べ

ズイダム01

オード・ノンエイジ
驚くほどの香り。これはちょっとすごい
他のジュネヴァでは絶対に感じられない強烈な穀物。ほのかにハーブ。コーンスープのようなぽってりとした飲み応え
ストレートお薦め。炭酸で割ると若干平坦になる。ロックだと雑味が表に出てきてややえぐい

オード・5年
これはシングルバレル
ほのかにハーブ香。樽熟5年が醸す木質香。ほぼウイスキー
ややスパイシーでピリリと来るが、スッと引いて後には甘さが残る
これは美味しい
ジンが好きな人よりもウイスキーが好きな人にお薦め

コーレヴァイン・5年
これもシングルバレル
オードよりも1回多く蒸留していることから、飲み口はスッキリしている
甘さはオードよりもハッキリクッキリ
ストレートも良いけれど、甘さ強めなので割るのも良い

ズイダム02

オードとコーレヴァインを並べると、コーレヴァインの方がやや色が薄い気がする
同じ5年なんだけどな
アメリカンオークの新樽を使っているのも同じ
製造工程の違いでこの色の差が出るのか

オードの方が飲み応えはあるけれど、コーレヴァインの方がスッキリしていて甘いのでハードリカー慣れしていない人には良いと思う
どれも美味しいので、オードの1年とロッジを飲んでみたくなった。ヤングは…ヤングはどうしよう
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

ブログ内検索
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
最新記事
楽天
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。