FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マインクラフト 製鉄所建設

鉄だ!鉄がいるんだよ!
ということで製鉄所を建設することに

場所は初期リスポーン地点

製鉄所入口

この奥

製鉄所上部

この下に

製鉄所沸層

アイアンゴーレムを利用した鉄の自動収集システム。製鉄所を作った

20x20の縦穴を掘り、その側面に最下層へ降りるための階段を設置
最下層から順番にアイアンゴーレムの処理施設、アイアンゴーレムの沸層、村人の収容施設と設置していく
太陽光を取り入れないと村判定がされないので、天井にガラスで天窓を作ってある

製鉄所処理層

これが処理層
奥の穴からゴーレムが落ちてきて、水流に流されて溶岩に接触する、一般的な溶岩ブレードの仕組み
アイアンゴーレムは身長が3ブロックあるので高さを考える必要がなくて組み立てが楽
初期リスポーン地点は溶岩設置ができないので、一時的にクリエイティブモードに切り替えて設置した
オンラインのホスト特権でも設置できるけれど、それもクリエイティブ扱いになるので実績解除を気にするとか、ワールド説明にクリエイティブで作成が付くのを避けたい人は、初期リスポーン地点から離れるしかない

製鉄所収容枠

村人の収容枠
6x6のフロアに10人を押し込んである
他のMOBが沸かないように床はガラス製。壁と天井は眺める用にガラス製
これでも村人がガラスに埋まったりすり抜けたりする現象は発生するので、四隅の高さ2ブロック分のスペースの上の段に水源を配置。水流で中央に寄せることで回避する

四方の壁面のうち、3面にドアを設置。全部で54枚。一面は管理用の階段室が直結なのでドアは無し

これで沸層にゴーレムが出現、水流で中央の穴に落として処理層行きというシステムが完成
無事に稼働していることが確認できた

製鉄所結果

ちなみに村人収容枠に押し込んだ村人は、周辺の2つの村から水流を利用した運搬システムで運んできた

運搬用水路

これが水路。村人の脱出防止用に上にハーフブロックを設置
このハーフブロックの上部にトロッコの路線を敷き、移動施設としても運用することにした

水路側面

水路はこの仕組みで延長している
水流の末端に看板、終点にハーフブロック、その上に水源を設置することで水流が連続してゆき、MOBはそのまま流されていく

運搬用村

水路上に敷設したトロッコから村を眺める
左奥の村と右手の村の間も水路とトロッコで結ばれている。手前のトロッコの先が製鉄所
遠く離れた村から村人を水路に蹴落として運搬するという非道な行いを繰り返したけれど、村に残された人々は特に何も言わない…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

ブログ内検索
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
最新記事
楽天
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。